「血尿」や「血便」の症状が出てしまう理由は?重い病気の前兆?ストレスが原因?

その症状が出た際に、「かなりびびってしまう」例はいくつか存在します。

「吐血」といったものが典型的な例であり、皮膚を切った・擦ったわけでもなく
本来であれば出ない場所から出る、ということに対して非常に恐怖・不安を覚えるものです。

またその際の恐怖というのは、予期していなかったことでより大きなものになるはずです。

いわゆる「血尿」や「血便」と呼ばれる、「下血」の症状を実際に経験した方というのは
「知っててはいたけど、自分から出るなんて・・・」と感じることと思います。

しかしながら、生きている間にこれらの症状を経験することは
決して珍しいことではなく、それには「非常に注意すべきケース」も存在しますが
そうでないケースも含め、様々な可能性を知っておくべき症状であると言えます。

「トラブルが起きている場所」が鍵を握る

同じ「便」と呼ばれる存在ではありますが、尿と便には共通している部分と異なる要素があります。

まず第一にこれらは「排泄物」であり、体が「必要ない」と判断した存在ですが
胃を代表とした「消化器官」と呼ばれる、各器官を経て排出されるものであり
どの過程において血液が混ざってしまったのか、ということが非常に重要な要素と言えます。

この血尿・血便の症状から、その原因を考えていく際には
まず最初に、「外傷に近い原因」の可能性を考えることが必要です。

血尿の際には、「尿道が損傷している」ことが原因となっている可能性
また血便の際には、「痔」という可能性も十分に考えることができます。

もちろん、デリケートな部分であることには違いなく
慎重なケア必要ですが、血尿・便の要因としては比較的「安心できる」ものと言えます。

この物理的な要因による出血の特徴としては、鮮やかな・水っぽい「鮮血」であることです。

そして、問題は「より内側」に要因を抱えている場合の血尿・便になります。

「血尿」の原因となる要素

まずは、尿に血が混ざる症状から疑われる原因を考えていきましょう。

「尿潜血陽性」と呼ばれるこの状態が、尿道の損傷以外の要因となる場合
まず考えるべきは、「腎臓」におけるトラブルです。

腎臓の主な働きとして、解毒機能である「濾過」があり
これは血液に限らず、様々な体液・成分に適用される機能です。

腎臓の働きが非常に重要であることは広く知られ、そに分比較的「強い」器官であり
万が一トラブルが起きた時のために、2つ・バックアップがあることが最大の特徴と言えます。

そしてその濾過機能を担っている部分を中心として
腎臓内で出血を起こすことで、血液が尿に混ざることになりますが
その要因としては、いわゆる「腎炎」と呼ばれるものが考えられます。

一言で腎炎と言っても、非常に種類の多い症状であり
特徴としては、「頻繁」に「大量に」血液が混ざった尿が出ることになります。

「泌尿器」で起きているトラブル

尿というのは「もういらない(吸収できない)水分」として
腎臓から「膀胱」へと運ばれる水分になりますが、この膀胱にトラブルが起きることで
出血し尿に血が混ざってしまう症状も、血尿の際に多いものと言えます。

「膀胱炎」という言葉は広く知られているものであり
「おしっこの我慢のし過ぎ」によるものと、考えられている側面もありますが
根本的な要因というのは、細菌の感染によるものであり感染症の症状になります。

膀胱の粘膜が傷ついている状態であり、また尿道が短い女性に多いことも特徴的です。

「結石」による出血

物理的な損傷に含まれるものですが、腎臓から膀胱へと続く道である
「尿路(管)」に結石が発生していることで、壁が傷つき血が混ざってしまうこともあります。

尿路結石は移動するものであり、泌尿器のどの部分で発生しているかの特定は難しく
結石の解消・排出することでしか、根本的な解決はないと言えます。

「血便」の原因となう要素

血便は上記したように、その症状が見られる際のほとんどが痔によるものと言えます。

しかしながらそうでなかった場合には、この「便潜血」と呼ばれる状態は
血尿に比べて、その原因はやや複雑なものと言えます。

大便は水分以外にも様々なものを含んでおり、その消化(代謝)過程も多いためです。

まずは、やはり最も便に近い部分である腸内で起きた炎症による
いわゆる「腸内出血」によって、便に血が混ざってしまっている状態は
「潰瘍性大腸炎」をはじめとして、「大腸がん」によっても起きる症状です。

「ポリープ」の損傷による出血等を含めて、深刻な症状への発展も考えられます。

また一度の排出の際に、粘度・血液量が多いことが特徴です。

消化の過程で混ざることも

また大腸に限らず、消化の過程における各器官からの出血によっても
最終的に便に血が混ざり込むことは、十分に考えられることです。

「胃潰瘍」といった胃のトラブルによる出血は
口からの吐血に加えて、血便となる可能性もあります。

そう考えた際には、非常に要因のパターンが多い症状と言えます。

腸内で出血が起きている状態に比べれば、血液量が少なくなります。

ストレスの影響

血尿・血便のトピックにおいては、「ストレス」というキーワードを目にすることになります。

このストレスに関しては、「直接的な要因になることは少ない」と考えられていますが
ストレスによって胃潰瘍が起き、それが便に混ざってしまったことによる血便は
ストレスが根本的な要因とも言える症状であり、ストレスによる結果の1つに違いありません。

これは「疲れ」にも言えることであり、結果的に内臓が炎症を起こすことで
血液が混ざってしまう現象は、あらゆる過程・内臓で起きるリスクがあります。

疲れは抵抗力を落とす最たるものであり、膀胱炎を含めた各種リスクは上昇している状態です。

また「激しい運動」をした後に、血尿が出てしまう症状もよく聞くものと言えますが
これは衝撃によって「溶血」と呼ばれる、血液の分解が起きたことによるものと考えられます。

短期間の症状で過剰に心配せず油断もしない

以上はあくまで典型的な要因であり、細かい要因は更に幅広く存在します。

また一時的な・良性の症状であれば、その治療の際には
「生活習慣を改めて、経過を見守る」という処置が多くなります。

それで自然に治ってしまうことも珍しくはありません。

一方で「悪性」の場合には、「癌」といった事態も想定ができるものであり
早期発見・早期治療の開始が、非常に重要なものと言えます。

ただし、血尿・便を含めた下血と呼ばれる症状は
「痛み」を伴うことが特徴的であり、その色と共に自覚症状が多いことが特徴です。

そのため頻繁になってからではなく、一度でも出してしまった場合には
ぜひ早めに、医療機関での検査を受けることが大切です。

>>当たるおすすめの電話占い