アイドルオタクがアイドルに

私はいわゆるアイドルオタクと呼ばれる人間で、大多数の人が知っているような国民的なアイドルグループにハマっていました。女の子が女の子のアイドルを好きになるのは珍しく思われますが、実際にはそうでもなく、アイドルのライブや握手会などに参加するとアイドルオタクの女の子たちは少なからず存在しています。

そんなただのアイドルオタクな私でしたが、いつしか自分も憧れのアイドルになってたくさんの人たちの前でライブをしてみたい、たくさんの人に愛してもらえるようなアイドルになりたいと思うようになりました。
やはりアイドルになるからには有名なアイドルグループのメンバーになってみたかったのですが、ハードルは高く勇気がありませんでした。そこで私が気になったのはいわゆる「地下アイドル」という存在でした。
地下アイドルならハードルも高くないし、私の好きなアイドルグループの曲をカバーしていたりもするので、憧れのアイドルと同じ曲も歌える!

早速オタク仲間のネットワークを駆使して新メンバーを募集しているアイドルグループを探し、実際に応募してみました。オーディションのようなものも存在しましたが地下アイドルなので応募人数は少なく、私が受けた時には社長と私だけで行いました。どうやら私と同じようにアイドルオタクがアイドルになりたいと応募してくる例も多いらしく、終始楽しくお話ししながら進みました。
私はダンスの経験などがあったわけではありませんが、好きなアイドルグループのダンスはある程度踊れましたし、カラオケで歌うのも好きだったのでオーディション自体も楽しく行うことができました!

合格後に各種レッスンは受けられるので、気を張ることなく、自分の憧れのアイドルへの気持ち、そして自分の意気込みなどをしっかり伝えることができれば、ただのアイドルオタクでもアイドルへの道は開けてきます。

You Might Also Like