アイドルオーディションは、いつもの自分で!

私は四年前に、現在所属しているアイドルグループのオーディションを受けました。当時はこれと言った特技も無く、ただ「目立ちたい」という理由だけでアイドルオーディションを受けました。だけど今思うと、あの時勇気を出してこの道にチャレンジしていて良かったと思います。何故ならオーディションを受けていなかったら、今のような明るく元気な私は居ません。なので特技が無くても、自信が無くても「アイドルに絶対なりたいんだ!」という思いがあれば、オーディションにチャレンジするべきです。

そんな私は、オーディションの自己アピールとして歌を歌わせていただきました。当時流行っていたアニメのオープニングソングです。歌を歌うのは元々好きでしたが、上手いな訳ではありませんでした。でも相手に熱意を伝えるには「上手い」「下手」ではなく「どれだけ一生懸命か」だと思い、歌を選びました。綺麗ごとかもしれませんが、当時の私にはそれしかなかったんです。だったらそれを精いっぱいやって、駄目だったらきっぱり諦めよう。そんな風に考えて、オーディションの当日がやってきました。

当日は、ダンスを踊ったり、ギターの弾き語りをしたり、お芝居をしたり。レベルの高い自己アピールをする人が沢山居て、正直とても焦りました。私は持参した音源をかけていただいて歌を歌ったのですが、歌っている最中は身体が震えっぱなしで、声もほとんど出なかったんです。それでも、最後まで歌い切りました。疎らな拍手のなか、私の自己アピールは終了。「駄目だったな」と思って結果を待ちました。

しかし数日後、合格通知が来たんです。多分、好きなことを最後まで貫いて、それをアピールしたから合格できたんだと思います。皆さんも、自分を飾らないで、ありのままの自分で、自分の好きなことを精いっぱいアピールしてください。アイドルになった今も、その経験は生かされています。

アイドルに必要なのかわからない個性を磨きました

アイドルになりたいと思う女の子は多いけれど私もその一人でした。今現在は地下アイドルとして活動を地道にしていて有名とはまだまだかけ離れていますが、私が受けたオーディションには多くの女の子がいました。

どの子も可愛いというのが第一印象でした。なのであとは顔、見た目以外で自分の売りをしっかりとアピールしないといけないと思いました。個性がないと多くのアイドルの波に飲み込まれて消えてしまうと考えていたからです。

なので自分の持っている無理なく、でも他にはないものを探し、それを磨くことを大切にしました。私の場合は垂直跳びが得意で、要するにジャンプ力には自信がありました。

普通にジャンプするだけでなんにもならないじゃないかと思うかもしれませんが、私はこれにダンスを加えてオリジナルでなおかつ目立つダンするをするようになりました。
オーディションではそういう身体能力と結構トーク能力というか、はきはきしゃべるというかそういう面もアピールしました。

可愛いだけではない自分らしさ、プラスで今後の活動でも一人だけとびぬけてできそうなものを身に着けようとし、そしてそれをアピールすることで合格することができました。

その時は最初は100人以上いるという話を聞いていたのですが不安になっていては他のを受けても一緒だしここは依然ステージを見て気に入っていた場所でもあったので自分をフルで出し切って他にはない新鮮さをアピールすることが大事と感じました。

アピールするということ

私がアイドルのなるためにオーディションを受ける際には、絶対他にはいないアイドルを目指せることをアピールします。アイドルはみんなかわいいですし、踊りや歌も上手な子がたくさんいますが、私がアイドルになれば、もっと他のこともできますということをオーディションで思う存分アピールします。

当然、人のマネをしても仕方がないですし、今まで全くいなかったようなアイドルを目指していけるようにしたいです。オーディションではたくさんの審査がありますが、それを何とか全部上手にこなし、歌もダンスもしゃべりも何でもいけるという部分を前面に出していき、アイドルの常識を覆すようなアイドルになりたいです。

そのほうが絶対人気が出ると思いますし、いいアピールができると思います。世の中には数え切れないくらいたくさんのアイドルの子がいますが、その女の子たちに負けないくらい目立ちたいです。オーディションに合格できるように、審査員受けするようなことをたっぷりと考えます。

もちろん、簡単にはいかないのですが、アイドルになって輝きたいというところをいっぱいアピールし、審査員の方たちにも気に入ってもらえるようにしたいです。アイドルになるためにはある程度なんでもこなさなくてはなりませんし、大変なことやつらいことも多いのですが、不屈の精神でやっていきたいです。

そうすることで、もしかするとすごい魅力的なアイドルになれるかもしれませんし、ファンの方がかなり増えるのではないでしょうか。

アイドルオタクがアイドルに

私はいわゆるアイドルオタクと呼ばれる人間で、大多数の人が知っているような国民的なアイドルグループにハマっていました。女の子が女の子のアイドルを好きになるのは珍しく思われますが、実際にはそうでもなく、アイドルのライブや握手会などに参加するとアイドルオタクの女の子たちは少なからず存在しています。

そんなただのアイドルオタクな私でしたが、いつしか自分も憧れのアイドルになってたくさんの人たちの前でライブをしてみたい、たくさんの人に愛してもらえるようなアイドルになりたいと思うようになりました。
やはりアイドルになるからには有名なアイドルグループのメンバーになってみたかったのですが、ハードルは高く勇気がありませんでした。そこで私が気になったのはいわゆる「地下アイドル」という存在でした。
地下アイドルならハードルも高くないし、私の好きなアイドルグループの曲をカバーしていたりもするので、憧れのアイドルと同じ曲も歌える!

早速オタク仲間のネットワークを駆使して新メンバーを募集しているアイドルグループを探し、実際に応募してみました。オーディションのようなものも存在しましたが地下アイドルなので応募人数は少なく、私が受けた時には社長と私だけで行いました。どうやら私と同じようにアイドルオタクがアイドルになりたいと応募してくる例も多いらしく、終始楽しくお話ししながら進みました。
私はダンスの経験などがあったわけではありませんが、好きなアイドルグループのダンスはある程度踊れましたし、カラオケで歌うのも好きだったのでオーディション自体も楽しく行うことができました!

合格後に各種レッスンは受けられるので、気を張ることなく、自分の憧れのアイドルへの気持ち、そして自分の意気込みなどをしっかり伝えることができれば、ただのアイドルオタクでもアイドルへの道は開けてきます。